BLOGブログ

ご縁結びの相談所

2020/09/13

BLOG

後悔しない結婚相手の選び方


結婚相手への後悔





結婚してから、「こんな人と結婚するんじゃなかった!」
なんて、思いたくも、言いたくもないから、
お相手選びには慎重になっているのですよね。

ただの交際ではなく、一生添い遂げるというお相手ですから。

全くの他人が家族となるのですから「好き」にならなければ一緒になんて暮らせません。
だから、好きになれる人との出会いを求めている。





恋愛と結婚





「好き」な人(になれそうな人)と出会い、

「好き」な交際相手として選びました。
交際していくうちに、ずっと一緒にいたいとなり、結婚へ進みましょう、という流れが一般的に恋愛結婚ということでしょうか。

交際相手としてお付き合いをしていくうちに、結婚相手として見方が変わっていくには、許可が出るのは。
何きっかけなのか、何年必要なのか、
交際から結婚の段階見極めとは、試験がないので難しいですよね。

「本当の彼女・彼を知ってから結婚を考えようと思う。」
どこまでさらけ出したら本当の私と認めてくれるのか。





恋愛結婚とお見合い結婚







交際中は、好きなの?嫌いになったの?ずっと一緒にいられるの?他の誰かに取られるのでは?など





結婚となると、家族は?生活は?お金は?家は?子供は?などなど





悩み事は全く違うSubjectになります。

交際と結婚では、お相手の見方の切り替えが起こることになるのですから、結婚に至るための交際期間って大変なんだと思いませんか?

恋愛結婚って意外と難しいものなんだと思います。
さらに、結婚したいという気持ちが、お互いの同じタイミングでなければならないのですから。





比べてお見合い結婚は、初めからお相手を結婚相手としての見方ですから、シンプルです。おおよその情報交換から、共通点や興味ありならば、お話を深めていき、一緒に生活するとしてと、想像しやすいと思います。





離婚率





離婚率ということから、 後悔した結婚という結果にさせていただくとしますと、 恋愛結婚離婚率はお見合い結婚離婚率より高いようです。

国立社会保障・人口問題研究所のデータによると2015年時点で恋愛結婚は87.7%、お見合い結婚は5.5%という。

(ちなみに結婚相談所でのお見合い結婚はさらに離婚率が低いんです。)





まとめ





今回タイトルの、〔後悔しない結婚相手の選び方〕とは「お見合い結婚」という結論にしたいと思います。

恋愛結婚という時間や、お見合い結婚での自らの見極めをもってしても、残念な結果になることはあります。

でも、だからこそ、取り掛からないことには何の収穫もありません。

素敵な人が現れないかなと、恋愛結婚を望むのもよいですが、たくさんのお見合いによる出会いも範囲に入れてみてはいかがでしょうか?

後悔しないお相手選びと同時に、後悔させない結婚相手になるという、自分磨きも大切です!

自分を大切な家族と受け入れてくれるお相手には、
そのお相手を家族として大切にしていくお気持ちを持ち続けていくこと、そして幸せな結婚生活を送っていただきたいものです。

お相手に後悔させたくないですね。


ご縁結びの相談所